結婚相談所@最新情報
結婚相談所@最新情報


2007年05月20日

結婚相談所10の法則:結婚するコツ:結婚と就職は予想に反する点が似ている

幸せ探しを応援するホームページは、なかなか参考になる「結婚相談所10の法則」を書いておられます。

@「いろんな人に会えば会うほど決められなくなる」

・たくさんの人に会いすぎて分からなくなった
・だんだん理想が高くなっている自分に気付いた

A「最初に会った人が一番よかった」

・他にもいい人がいるんじゃないかと思って、最初にお見合いをした人は断ってしまったけど、今になって思えばその人が一番よかった
・いつかは理想の人が現れると思っていろんな人に会ったけど、結局、初めに会った人が一番理想に近い人だった

B「お見合いの申し込みは、登録した時が一番多い」

・時間が経つにつれだんだん減ってきた
・希望する人からの申し込みがなくなった
・こんなことなら断らずに会っておけば良かった

C「交際は長くなればなるほどうまくいかない」

・交際が長くなると、相手の嫌な部分が気になるようになった
・ズルズル交際が長くなり、タイミングを逸した
・いつまでも相手が決めてくれないので、結局待てずに断った

D「会ってみないとわからない」

・実際に会ってみたら写真と全然違った
・写真やプロフィールだけでは本当にわからない
・気乗りしなかったけど、会ってみたらすごくいい人だった

E「条件とは結婚できない」

・どんなに学歴や年収が高くても、フィーリングが合わないと結婚できない
・初めは条件ばっかり気にしてたけど、結局は人柄とかフィーリングが大事だとわかった

F「キレイな人、条件のいい人ほど決まらない」

G「お見合いできるかどうかは、申し込みのタイミングが大事」

・登録したての人は申し込みも多く競争が激しいので、なかなか会えない
・特に人気の高い人は申込みが殺到するので、本人に伝わらないことも
・最初は理想を求め期待に満ち溢れている時期なので、相手を見る目も厳しい。

(引用先:幸せ探しを応援するホームページHttp://blog.livedoor.jp/noritama95/archives/cat_1486553.html)

これを読んでますと、なかなか含蓄があります。冬にニセコのスキー場に行くと、ほとんど新婚さんです。あれを見ていると妙なところで納得させられます。美人と美男が絶対に近いほど一緒にならず、美人は風采の上がらない男と、美男は美人でない女性と一緒になってます。お互いに正反対のタイプが、ひとつのジュースコップに二本のストローを突っ込んで飲んでいます。

結婚も就職と良く似ています。なかなか先が予想がつきにくいからです。

誰も倒産したり、大リストラが起こる会社には就職したくないですが、半数はそのような会社に就職されます。倒産や大リストラがなく、そのままの状態で続く会社に就職されるのは、4人のうち1人の割合。

残りの4人のうち1人は、マージャンなどばかりして極端に成績が悪く、どこも就職先がなく、仕方なしにもぐり込んだ小さな会社が予想に反して急成長して自分も出世したという番狂わせです。


posted by かず at 09:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 結婚相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

結婚相談所とか、お見合いとか
Excerpt: そろそろ結婚とか真面目に考えなきゃなぁと思う今日この頃。
Weblog: 四国女の気まま日記
Tracked: 2007-05-22 17:57

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。